「世界ネコ歩き」は応援したくなる映画

制作のH.Oです。

22日(日)、動物写真家岩合光昭さんの「世界ネコ歩き 劇場版」を観に行ってきました。
「世界ネコ歩き」はBSで放送されているので、ご存知の方も多いと思います。

今回は、テレビ版でも登場した津軽のリンゴ農家で暮らす「コトラ」という猫と、
コトラ家族の物語をメインに、合間に世界各国の猫達の様子を織り交ぜた作品です。

普通の映画のようにストーリーがあるわけではないですが、
コトラ家族を長期にわたって密着しているので、その家族の成長を感じられ、
終始泣いたり笑ったり応援したりと、のめり込んで観てしまいます。
岩合さんの撮る猫は、猫目線で撮られているのでみんな生き生きとして可愛いです^^

また、映像美も魅力です。岩合さんの写真の世界観が映像にも出ていて、美しい!
それぞれの土地の美しさとそこに暮らす猫がマッチしているので、写真の勉強にもなります。
リンゴの木で遊ぶ猫達や吹雪の中で寒さに耐える猫など、印象的なシーンが多く有りました。

この映画、特に泣くような内容ではないのですが、劇中何度も泣きました(私だけではないはず)。
冒頭のシーン、深い雪の中を向こう側から猫がトトトトと歩いてくるだけで涙(笑)。
これって猫好きあるある?私だけ?

予告編の動画にもある、子猫達が5匹連なって草むらから駆けてくるシーンは悶絶!
かわいすぎる!予告動画で見れるので何度もリピートですよ。

また、ハワイの猫が砂浜で必死になってカニを捕る姿は笑いを堪えながら観ました。
人から見れば大したことじゃなくても、猫達は必死なんですよね。そこが可愛い^^
家なら声を出して応援しながら観たい!と思いました。

帰りには、お土産に写真集を買って家でも余韻に浸っています♪

ネコ歩きは「いいコ達」がたくさん出て来て、ほっこり癒されること請け合いです。
癒されたい方、おすすめですよ~^^

コメント