ゴミの分別

ba14zzgd4aqcc2y1476852238_1476852363

盛岡営業所 Cです。

 

昨夜は中学校PTAの講習会で、ゴミのことについて勉強してきました。

盛岡市の環境部の方が講師で、わかりやすく楽しく教えて頂きました。

 

燃えるごみの日には、ほとんどの家庭で45リットルのゴミ袋で出していると思いますが、ちゃんと分別すれば、スーパーのレジ袋1つで足りるという事。

プラゴミを分別する際、きちんと洗うのが面倒で、ついつい燃えるごみに入れてしまいますが、そんなに几帳面に洗わなくても良いという事。例えば歯磨きチューブ、「もう出ない!!」というところまで絞ってくれたら、中を洗わなくてもプラゴミに出してOK。回収後小さく切って、それを大きな機械で洗うそうです。

燃えるごみには、まだ食べられる食材が結構入っているということ。特に納豆だそうです。計画を立てて買い物しましょう。また多少賞味期限を過ぎても「大丈夫!食べられます!!」と講師自身の人体実験で立証済みだそうです(笑)

 

盛岡市では指定ゴミ袋はありません。透明または半透明の袋ならそれでOK。

岩手県の殆どの市町村では有料の指定ゴミ袋になっていると思いますが、盛岡市はまだまだ頑張っています!

これが有料のゴミ袋にならないよう、ゴミの出し方に気を付けなければと改めて思いました。

コメント