自家製の蕎麦

本社のラジ朗です。
今回は食べ物ネタです。
10月24日今年の初収穫した蕎麦を試食しました。
趣味で親父軍団が共同の畑で蕎麦を作っています。
今日は自宅に蕎麦仲間が集まりました。
自分はいつも食すだけです。
今日の蕎麦打ちは親父がやりました。

ここからは写真とコメントで紹介していきます。

最初はシブイ石うすでひきます。
この時には作業が終わっていました。
見てお分かりのようにモーターで駆動します。

ふるいを使い不純物を取り除きながら、こね鉢に入れます。
蕎麦粉8小麦2の割合で混ぜます。

蕎麦粉と水を混ぜているところです。

徐々に生地になってきました。

生地が出来上がりました。

麺台で麺棒を使い生地を伸ばしていきます。

二本の麺棒を使いさらに薄く生地を伸ばしていきます。

伸ばした生地の表面に打ち粉し、たたみます。
包丁、こま板、麺切板は蕎麦仲間に作っていただいたものです。

蕎麦を切っているところです。

切り終わりました。

蕎麦を茹でて水でぬめりをとりざるに盛りました。
この日の夜、親父連中は蕎麦の話で盛り上がっていました。
ただビールが冷えてなくて残念でした。

コメント