読書ブーム

本社制作MSです。

今は自粛つづきですので、最近は積ん読を消化しています。

最近、読み終わったのは「死神の精度」伊坂幸太郎さんの作品です。

死神が人間を査定し生きるか死ぬかを決める短編集で、死神が主人公とは少し変化球だな…と思いつつ読了しました。

人間の死がテーマのお話ですが、ユーモアがあり何だか温かく感じる、不思議な物語でした。

最終的には別々の物語かと思いきや、繋がっていて驚かされたり、また読み返したくなる面白い作品でした。

コメント