環境・社会(CSR)

「五つの心」

1、はいと言う素直な心
2、すみませんと言う反省の心
3、おかげさまと言う謙虚な心
4、わたくしがしますと言う奉仕の心
5、ありがとうと言う感謝の心
「五つの心」は創業者である菅原正の遺訓です。
「誠意」を資本として起業した創業者の精神は、時代が移り変わっても社風の中で生き続けています。

経営理念

トーバン印刷株式会社の経営理念をご紹介します。

我々の第一の責任は、顧客に対するものである。

顧客一人一人のニーズに応えるため、我々の行うすべての活動は質的にも技術的にも高い水準のものでなければならない。
適正な価格を維持するため、我々は常に製品原価を引き下げ、顧客からの注文には、迅速、かつ正確に応え、納期を厳守しなければならない。
我々の取引先には、適正な利益をあげる機会を提供しなければならない。

我々の第二の責任は、全社員に対するものである。

社員一人一人は個人として尊重され、その尊厳と価値が認められなければならない。
社員は安心して仕事に従事し、待遇は公正かつ適切でなければならない。
働く環境は清潔で、整理整頓され、かつ安全でなければならない。
社員が幸せな家庭生活を営めるよう配慮し、社員の提案、苦情が自由にできる環境でなければならない。
能力ある人々には、雇用、能力開発および昇進の機会が平等に与えられなければならない。
我々は有能な管理者を任命し、そのリーダーシップのもとに全社員が力を一つに合わせ社業の発展に努めなければならない。

我々の第三の責任は、我々が生活し、働いている地域社会に対するものである。

我々は良き市民として、有益な社会事業および福祉に貢献し、適切な租税を負担しなければならない。
我々は末永く地域に就労の場を提供し、街づくりや地域社会の発展、郷土愛の育成に寄与する活動に参画しなければならない。
我々は使用する建物や機械を常に良好な状態に保ち、地球環境と資源の保護に努めなければならない。

我々の第四の責任は、会社の株主に対するものである。

常に技術の向上に励み、新しい設備を導入し、新しい施設を整備し、顧客に満足して頂ける製品を提供しなければならない。
逆境の時に備えて常に蓄積をおこなわなければならない。
これらすべての原則が実行されてはじめて、株主は正当な報酬を享受することができるものと確信する。